ミネラルウォーターはペットも飲める?

ペットは家族の一員なのでできる限り長く生きて欲しいと思うのは飼い主として当たり前です。
そこで塩素が入っている水道水ではなく安全な水を飲ませてあげたいと思っている人も多いのではないでしょうか?
しかし、だからといって市販のミネラルウォーターを与えるのはやめた方がいいです。
ただ全てのものが悪いという訳ではなく、駄目なものがあります。
それは硬水のミネラルウォーターです。 硬水とはミネラル成分を多く含んだ水のことで一見体に良さそうですがペットにとっては体への負担が大き過ぎます。
マグネシウムの過剰摂取になるため、ペットが飲むと結石を引き起こす可能性があります。
さらに下痢を起こしたり、病気を発症させる危険もあるので硬水のミネラルウォーターは避けてください。
それであれば、まだ水道水を飲ませた方が体にいいといえます。
水道水が危険というイメージが強いですが、実はそんなことありません。
日本の水道水は世界から見ても非常に安全性が高いので飲んだからといって体に悪影響を及ぼすとは考えにくいです。
ただ、それでも不安でペットに安全な水を飲ませてあげたいと思うなら軟水を与えてください。
特に体の小さなペットは硬度の高い水を飲むと体調を壊しやすいので注意しましょう。

 

 

 

 

ウォーターサーバーの水はペットでも大丈夫?

ウォーターサーバーの水をペットに与えてもいいのか悩まれている飼い主も多いのではないでしょうか。
これは使用するウォーターサーバーによって異なります。
仮に硬水を使用しているならペットに与えてはいけません。
与えてしまうと下痢や病気を引き起こす原因になるので注意してください。
使用している水が軟水であれば、ペットに与えても問題ありません。
ただし、軟水でもアルカリイオン水は避けた方がいいでしょう。
アルカリイオン水を飲ませると結石ができやすくなるので中性のものがおすすめです。
もし、無理に人間用のものを飲ませるのは危険なのでペットと一緒に飲めるウォーターサーバーを希望しているのなら業者に一度確認を取った方がいいでしょう。
また硬水は赤ちゃんにも不向きです。
赤ちゃんの場合、まだ体ができあがっていないので硬水を飲むとミネラル成分が多過ぎてお腹を壊す恐れがあります。
さらに脱水症状を引き起こしたりもするのでミルク作りには必ず軟水を使用するようにしてください。
ウォーターサーバーを色々見ていると軟水のものが非常に多いので、
ペットと一緒に飲めるタイプや赤ちゃんのミルク作りに使えるタイプを探すのはそれほど難しくありません。

 

 

魚にウォーターサーバーの水はNG

みなさんの中にも魚をペットとして飼われている人も多いと思います。
ほとんどの人が水道水を水槽の水に使っていると思いますが、もしウォーターサーバーの水を使ったらどうなるのでしょうか?
犬や猫と同じように健康のためを考えるならウォーターサーバーの水の方がいいと考える人もいるでしょう。
結論からいうと水槽の水にウォーターサーバーを使用するのはやめてください。
今まで水道水の水で生活してきたのにウォーターサーバーを使ったことでいきなり水質が変わってしまったら死んでしまう可能性があります。
魚は非常にデリケートな生き物なので水質環境が変わるだけで命に関わります。
またウォーターサーバーの水がその魚に合わない可能性もあるので注意しましょう。
水道水で問題なく育ててきたのであれば、わざわざ水を変える必要はありません。
そして、仮にウォーターサーバーの水が使えたとしてもコストが高すぎです。
水を交換する度にウォーターサーバーを使っていたらいくら購入しても足りません。
ランニングコストが恐ろしいことになるので、水槽には水道水を使用するようにしてください。
それが魚にとって一番生活しやすい環境なので、無理に変えないようにしましょう。

 

 

ペット用のウォーターサーバーとは?

ペット用のウォーターサーバーを選ぶ場合、まずは硬度に注意してください。
ミネラル成分が多い硬水だとペットの健康に悪影響を与えてしまうので軟水を使用しましょう。
軟水とは硬水とは違ってミネラル成分が抑えられた水のことです。
よく赤ちゃんのミルク作りにも使用されています。
軟水が飲めるウォーターサーバーはたくさんありますが、できる限り硬度の低いものを選ぶようにしてください。
おすすめは純水のピュアウォーターのウォーターサーバーです。
そして、美味しさにもこだわらないといけません。
ペットのためだけに使用するのはあまりにもコストが高すぎるので人間も一緒に飲みたいですよね?
そうすると味にもこだわらないといけません。
美味しい水を飲みたいのあれば天然水のウォーターサーバーがいいでしょう。
RO水でも十分美味しいですが天然水には深みがあるのでまろやかな口当たりを楽しめます。
ただ何度も言いますが硬水はペットに向かないので軟水の天然水を選びましょう。
またペットと一緒に使うならコストパフォーマンスに優れたウォーターサーバーというのも重要です。
家族だけではなくペットの飲み水にもウォーターサーバーを使用する場合、経済的負担がアップします。
そのため、水代・サーバーレンタル代・配送代・メンテナンス代などをしっかりと比較しましょう。 初めての脱毛ならこちらをチェック